/

この記事は会員限定です

オープン&クローズ戦略を考える(7) 高度な組織能力が必要

立本博文 筑波大学教授

[有料会員限定]

オープン&クローズ戦略ではクローズ戦略を行い、クローズ領域への他社の参入を阻止します。クローズ戦略の基本は秘密保持によって技術情報の漏洩を防ぐことです。限界はありますが、技術情報を機密管理することで第三者に対して参入障壁を設けることができます。少数の限られた企業とだけ共同研究開発するのも効果的です。

技術情報を特許化することも有効です。ただし特許化すると、一定期間を経て公開されるため、技術情報を秘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン