2019年4月22日(月)

古い駅舎、地域に貢献 カフェや観光案内所に

2018/8/1 11:07
保存
共有
印刷
その他

老朽化した鉄道の駅舎を住民や行政がカフェや観光案内所に改装する取り組みが広がっている。国内には昭和初期までに建設された古い駅舎も多く、維持、建て替え、解体をいかに進めるかは鉄道会社の大きな課題。地元の主導で整備される地域の拠点としての新たな駅の姿に専門家は「地域活性化のモデルになり得る」と注目している。

東京駅などを手がけた建築家、辰野金吾氏の事務所が設計した南海本線浜寺公園駅(堺市西区)の旧駅舎。1日午前、赤い屋根に白塗りの外壁が際立つ西洋風の建屋をのぞいてみると、地元の女性らがおしゃべりに花を咲かせていた。市民の手で駅員の事務室を改装し、4月に開業したカフェには客足が絶えない。

1人で来た近所の主婦(67)は、約40年前から毎日のように通勤で駅舎を通った。「駅前ではお祭りも盛り上がった。思い出がこみ上げる」と笑顔。カフェには「東洋一」と呼ばれた浜寺公園の海水浴場(1961年閉鎖)に行くため駅を利用した人たちが「懐かしい」と訪れることもある。

国の登録有形文化財である旧駅舎は1907年に完成。堺市が2005年に駅周辺の高架化を決め、駅の役割を終えた。

駅舎をどうするかは、建物の保存を求めてきた地元住民と堺市、駅舎を所有する南海電気鉄道が協議。住民の熱意に押される形で、駅舎にカフェなどを設けて地域住民の交流の場として整備することが決まった。

南海は17年末に新駅整備の妨げにならない位置まで旧駅舎を南西方向に30メートル移動、補強工事を行った。住民でつくるNPO法人「浜寺公園駅舎保存活用の会」は駅舎内の待合室などを改装してカフェやギャラリーを整備、運営に当たる。堺市は計約350万円の改装費を補助した。

同会副理事長の足田八洲雄さん(83)は「地元住民の憩いの場として、長く愛される施設にしていきたい」と意気込む。

奈良市のJR桜井線京終(きょうばて)駅は1898年開業の無人駅で、JR西日本が修繕を続けて使用してきた。江戸から明治時代の面影を残す周辺の街並みと共に観光資源として整備する目的で、市が2017年に駅舎の寄贈を受けた。

市は駅舎を明治時代の開業当時の姿に近づけるため、改修を進める。先行して工事を終えた待合室部分は外壁や窓枠にヒノキなどの木材を使い、白い壁をシャンデリアが照らし出す。

駅舎全体の改装は18年中には終了。その後地元住民が観光案内所などを設ける。市の担当者は「明治のころの駅の雰囲気が伝われば、外国人にも魅力的な場所に映るのでは」と期待する。

廃線となった路線の駅を観光名所にする動きもある。高倉健さん主演の映画「駅 STATION」のロケ地として知られ、16年12月に営業を終えたJR留萌線の旧増毛駅(北海道増毛町)の駅舎はJR北海道が同町に譲渡。町は1921年の開業当時の姿に増築・復元し、観光拠点として4月にオープンした。

奈良県立大の新納克広教授(交通経済学)は「駅舎は生活に根ざした地域のシンボルで、地元住民の交流の拠点となりやすい」と指摘。「歴史を積み重ねてきた建物も多く、住民や行政が一体となって新たな魅力を打ち出せれば有力な観光資源にもなり得る」と語る。

築80年超が過半数

公益財団法人「国土地理協会」(東京)の調査によると、駅の新設は1920~30年代の昭和初期にかけてがピークで、35年度までに各地に約6500駅が設置された。廃止されたものも多いが「現在稼働中の約9200の駅のうち、半数以上は設置から80年を超える計算」(同協会)という。

老朽化した駅舎には地震による倒壊などのリスクがある。利用者の見込める駅は建て替えや補修をし、廃線となった路線などにある不要な駅舎は解体を迫られる。

利用者の増加やビルの整備で「駅ナカ」と呼ばれる駅内店舗の売り上げ増につながる建て替えではない場合、改修や解体にかかる費用は鉄道会社の悩みの種だ。

約1200駅を所有するJR西日本は、民間と連携して駅舎を活用することについて「地域貢献につながるとともに、利用客がそれほど多くない駅舎の維持管理を任せられる点がメリットになる」(担当者)と明かす。

ローカル線の廃線も進行中で、3月には広島県と島根県を結ぶJR三江線が営業を終えた。同線には地上20メートルの高さで「天空の駅」と呼ばれる旧宇都井駅(同県邑南町)など鉄道ファンらに人気の駅舎もある。JR西はこうした廃線上の駅について「どのように活用できるか地元と協議したい」としている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報