/

この記事は会員限定です

海運の憂鬱 硫黄のハードル、石油再編の呪縛

編集委員 西條都夫

[有料会員限定]

人手不足による物流危機が深刻化しているが、もう一つ、国内および世界の物流ネットワークを揺さぶる課題が浮上しているのをご存じだろうか。2020年1月から世界一斉にスタートする船舶の燃料規制である。

国連の専門機関である国際海事機関(IMO)が16年10月に決めたこの規制は、船の燃料に使われるC重油に含まれる硫黄分を引き下げるなどして、酸性雨の原因となる排ガス中の硫黄酸化物(SOx)を減らすという内容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン