2018年9月23日(日)

将棋の藤井七段が最年少100局 勝率は1位タイ8割5分

囲碁・将棋
2018/8/1 10:04 (2018/8/3 14:20更新)
保存
共有
印刷
その他

 将棋の藤井聡太七段(16)は7月31日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組の3回戦で西尾明六段(38)を破った。2016年10月にプロ入り後、1年9カ月、最年少で公式戦100局に到達。通算成績85勝15敗(勝率8割5分)は中原誠16世名人(70)と並ぶ1位タイとなった。

第77期名人戦順位戦C級1組の3回戦で、西尾明六段(左)を破った藤井聡太七段。公式戦100局目を勝利で飾った(31日夜、東京都渋谷区の将棋会館)=共同

 日本将棋連盟によると判明した記録で、3位は故大山康晴15世名人の通算80勝20敗。第一人者の羽生善治竜王(47)は78勝22敗、1年9カ月、17歳だった。

 藤井七段はC級1組で3連勝。前期から初参加の順位戦では、無敗の13連勝となった。

 順位戦は最上位のA級から最も下のC級2組まで5クラスがあり、A級の優勝者が名人挑戦者となる。C級1組は各10局を戦い、上位2人がB級2組へ昇格する。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報