/

この記事は会員限定です

完全菜食「ビーガン」市場広がる 日本でも対応

[有料会員限定]

肉や魚に加え、乳製品も避ける完全菜食主義「ビーガン」の市場が拡大している。米国ではバイオ技術を使った本物そっくりの「肉」ビジネスが活況だ。欧州ではマクドナルドもビーガン向けバーガーを発売した。市場規模は加工食品だけで2018年に世界で100億ドル(約1兆1千億円)を超えるとされる。なじみの薄い日本でも、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた対応が広がってきた。

4月、香港のハンバーガーレスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン