2018年11月22日(木)

メキシコ北部で旅客機が墜落 現時点で死亡者無し

2018/8/1 8:29
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ北部ドゥランゴ州の空港近くで31日、メキシコシティ空港行きのアエロメヒコ航空の国内線が離陸直後に墜落した。乗客乗員は合計101人だった。同航空によると現時点で死亡者は報告されていない。日本人が搭乗しているかについて在メキシコ日本大使館は「把握できていない」としている。

メキシコの旅客機墜落現場(北部ドゥランゴ州)=EFE

地元メディアでは85人程度の負傷者が出て病院で手当てを受けているとしている。重傷者も出ているようだ。ただ全員の安否確認にはまだ時間がかかりそうだ。現時点で事故の原因は不明だが、空港当局によると当時は悪天候で同機が離陸に失敗したか、離陸直後に緊急着陸を試みた可能性がある。墜落後に多くの乗客が歩いて避難したとの情報もある。

地元テレビには大破して黒煙を上げている機体が映し出されている。付近で消防隊員が消火作業などにあたっている。情報を求めて空港にかけつける家族の姿もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報