2018年11月18日(日)

NAFTA再交渉「近日中にも合意」、メキシコ次期大統領

2018/8/1 7:25
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ次期大統領に就任予定のロペスオブラドール氏は31日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に関して「近日中にも合意できそうだ」との見通しを明らかにした。ロイター通信が伝えた。米国・メキシコ両政府は週内にワシントンで再び閣僚会合を開く見通しで、まずはカナダを除いた2国間で合意に達する可能性もある。

ロペスオブラドール氏=ロイター

一方、米ブルームバーグ通信は同日、NAFTA再交渉で両国が自動車貿易の分野の合意に向けた最終段階にあると報じた。関係者の話としており、すでに両政府間で新たな提案がなされたともしている。

自動車貿易では、域内の関税をゼロにする条件を定めた「原産地規則」が3カ国間で対立している項目の一つ。原産地規則に関して合意に至れば、米国・メキシコ両政府が目指している8月中の全体合意にも大きく前進することになる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報