2018年9月20日(木)

4~6月期の米雇用コスト、2.8%上昇 前年同期比

北米
2018/8/1 5:50
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が31日発表した4~6月期の雇用コスト指数は、季節調整済みの前期比で0.6%上昇した。伸び率は1~3月期の0.8%からやや鈍化し、ダウ・ジョーンズがまとめた市場予測(0.7%程度)をわずかに下回った。しかし前年同期比では2.8%上昇し、2008年7~9月期以来約10年ぶりの伸びとなった。

 雇用コスト指数は賃金の動向を示す指標。雇用コストの約70%を占める賃金・給与は前期比で0.5%上昇した。残り約30%を占める福利厚生の支出は0.9%上昇した。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報