2019年7月19日(金)

成田空港にヒアリ160匹 米国からの貨物

2018/7/31 20:46 (2018/7/31 22:36更新)
保存
共有
印刷
その他

環境省などは31日、米ダラス・フォートワース空港から成田空港に着いた貨物から、強い毒を持つ南米原産のヒアリの働きアリ約160匹が見つかったと発表した。同省と千葉県によると、同県内での確認は初めてで、国内では今年6例目。

成田空港で見つかったヒアリ(7月30日)=環境省提供・共同

成田空港で見つかったヒアリ(7月30日)=環境省提供・共同

県によると、29日に空港内で貨物の仕分け作業をしていた際、木製の敷板からアリ約10匹を発見。殺虫処分するとともに、環境省へ通報し、敷板を密閉保管した。翌日、環境省職員らが敷板を調べ、新たに約170匹を確認。31日に約160匹をヒアリと特定した。

敷板が移動したルート上で、他にアリはいなかったという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。