/

この記事は会員限定です

サムスン、大型投資近く公表か 文政権に雇用創出訴え

[有料会員限定]

サムスン電子が8月に大規模な投資計画を公表するとの観測が強まっている。主力の半導体メモリーかテレビやスマートフォン(スマホ)向けの高機能ディスプレーが対象のもよう。設備投資や研究開発を通じて雇用を創出する姿勢をアピールする。大統領選で所得主導の経済成長を公約に掲げた文在寅(ムン・ジェイン)政権にすり寄り、好業績への世論の反感を和らげる思惑が透ける。

投資額は少なくとも数兆ウォン(数千億円)。金東兗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン