2018年8月21日(火)

西郷隆盛にちなみ黒豚だし鍋つゆ ヤマキが発売

サービス・食品
中国・四国
2018/7/31 21:15
保存
共有
印刷
その他

 和風調味料大手のヤマキ(愛媛県伊予市)は鹿児島県産の黒豚のだしを使用した鍋つゆを20日に発売する。NHK大河ドラマ「西郷どん」が放送中の西郷隆盛が、黒豚を使用した郷土料理を好んで食べたといわれていることに着目した。

ヤマキが8月20日に発売する「黒豚だし醤油鍋つゆ」

 「黒豚だし醤油(しょうゆ)鍋つゆ」は、鹿児島県産黒豚から作った臭みの少ないスープに、同県産のかつお節を加え、九州産しょうゆと黒糖で仕上げた。コクとうま味を楽しめるという。内容量700グラムで、税抜き300円。全国のスーパーなどで販売する。

 西郷は骨付きの豚バラ肉を野菜などと煮込んだ「とんこつ」といった郷土料理を好んだとされる。ヤマキは2010年にシャモ鍋のつゆを発売し主力商品となっている。同鍋は「坂本竜馬が最後に食べようとしたと言われている」(同社)という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報