/

保育施設 AIで入所選考 高松市、一部に導入

高松市は2019年度の保育施設の入所選考から人工知能(AI)を使ったシステムを導入する。優先順位を決める事務処理が、AIを使うことで数秒で終わる見通し。選考結果を通知するまでの期間が短くなり、保護者は復職に向けた準備がしやすくなる。子育て世代の就労を支え、地域経済を活性化させる。

保育施設の入所選考では、優先順位を決めるために世帯状況などに基づき点数を付ける。18年度の入所選考では、今年1~2月に約1万人の申請者の処理に約2000時間かかった。

点数化の作業は今後も職員がするが、点数を並び替える作業をAIが担当する。約600時間かかっていた作業を数秒で終わらすことができるとみている。

高松市によると保育施設に入所を希望する保護者が増え、結果の通知が遅れだしているという。こうした事態をAIを使うことで解消し、保護者が復職しやすい環境を整える。また、事務処理時間の短縮で、職員の働き方改革にもつながると期待している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン