設計はベトナムで、昭和コンクリートが技師不足で

2018/7/31 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

橋梁や道路などの部材を生産する昭和コンクリート工業(岐阜市)は、設計業務を国内からベトナムに一部移管する。7月に現地法人を設立し、構造の比較的簡単なコンクリート部材や製品の設計から順次始める。国内で設計技師の不足が深刻になっているためで、ベトナムでは今後数年かけて、大学卒業の100人程度を設計士として自社で養成する。

国内の建設業では「川下」に相当する作業現場に加え、「川中」の営業、さらに「川上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]