/

日本人観光客のビザ免除へ ミャンマー

【ヤンゴン=共同】ミャンマー国営放送(MRTV)などは31日、今年10月1日から来年9月30日までの1年間、日本人観光客は査証(ビザ)が免除されると報じた。韓国人観光客も同様で、中国からの観光客は入国時にビザ取得が可能となる。

イスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題によるイメージ悪化で、欧米からの観光客が減少する中、アジアからの観光客誘致を狙った措置とみられる。

日本人観光客はビザなしで30日間、滞在可能。ただし、それ以上の期間延長はできない。入国時に帰りの航空券などの提示を求められる。

ミャンマー当局は、1年間の試行期間を経て、ビザ免除について再検討する予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン