/

この記事は会員限定です

三井住友信託銀、石炭火力発電に原則融資せず

[有料会員限定]

三井住友信託銀行は二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭火力発電事業向けの融資を国内外で原則やめる方針だ。気候変動への影響を懸念する機関投資家の声が強まっており、融資の基準を厳しくする。環境への負荷抑制を金融面から支える動きが国内でも広がってきた。

三井住友信託は主に国内外の石炭火力発電に協調融資で参加している。融資残高は900億円程度にのぼる。すでに融資契約を交わしたか、協議中の案件には融資する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン