/

シャープ4~6月、純利益33%増 中小型パネル好調

シャープが31日発表した2018年4~6月期の連結決算は純利益が前年同期比33%増の192億円だった。スマートフォン(スマホ)やタブレット向けの中小型パネルが好調で採算が改善した。

売上高は5%増の5338億円だった。家電事業では「アクオスR」などのスマホ販売が好調だった。半導体事業もカメラやセンサー部品などが伸びた。ただ、液晶事業では中国でのテレビ在庫の調整が響き、1割強の減収になった。営業利益は45%増の248億円だった。

記者会見した野村勝明副社長は「液晶事業は中国を中心にラインアップ拡充や新商材の投入で販売を伸ばしたい」と話した。

19年3月期通期は売上高で前期比19%増の2兆8900億円、純利益で同14%増の800億円を見込む従来予想を据え置いた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン