2018年11月17日(土)

東芝、空調開発で技術棟 アジア・欧米向け商品強化

2018/7/31 17:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝傘下の空調事業会社、東芝キヤリアは静岡県富士市の工場敷地内に技術棟を新設する。投資額は約60億円で2020年春に稼働させる。従来より性能試験などの設備や場所を拡充し、開発のスピードを速める。東芝は再建に向けて5カ年の中期経営計画を年内に公表する予定で、空調を注力事業に位置づける方針。アジアや欧米など各地域の嗜好に合う商品を開発し、成長を目指す。

東芝キヤリアは東芝が60%、米空調大手のキヤリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報