/

家光が贈った駕籠見つかる 小浜藩主に、完全体で

江戸幕府の3代将軍徳川家光が、老中で小浜藩酒井家の初代藩主酒井忠勝に贈り、忠勝のお国入りなどで使われた駕籠(かご)が福井県小浜市の発心寺で見つかっていたことが31日、分かった。県立若狭歴史博物館(同市)が調査し、県が発表した。

博物館によると、駕籠は長さ118センチ、幅86センチ、高さ102センチで、担ぎ棒も付いていた。徳川将軍のものでは、初代家康が使用した3台が現存するが、いずれも駕籠部分のみで、担ぎ棒も含めた完全体として確認されたのは初めて。

忠勝はお守り役だった時期もあり、家光の信任が厚く、1634年の上洛(じょうらく)に同行した。忠勝は川越藩から小浜藩に移ることが決まり、家光から拝領した駕籠や馬を使い入国。さらに幕末期、京都所司代だった12代藩主忠義もこの駕籠で御所に参内したとされる。

駕籠は廃藩置県後に売却され、購入した商人が寺に寄付。昨年12月、本堂の改修工事中に箱に入った状態で見つかり、寺が博物館に連絡。調査で、天井部分の形状や朱塗りの「総網代」とした表面の仕上げ方などが記録に残る特徴と一致した。

中世から近世の交通史を専門とする東京都江戸東京博物館の斎藤慎一学芸員は「将軍や大名クラスの男性駕籠はほとんど確認されていないので大変な驚き。近世武家社会の階層性を表す貴重な資料だ」と話している。

若狭歴史博物館は8月1日から9月9日まで、駕籠を特別公開する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン