サウジ改革、矛盾する2つの市場シグナル (グローバルViews)
ドバイ支局 岐部秀光

2018/8/2 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中東サウジアラビアでムハンマド皇太子が旗振り役となっている大がかりな改革が正念場を迎えている。石油にたよらない国づくりによる変化への期待が向けられる一方、政敵や人権活動家らを相次ぎ拘束した皇太子の強引さには懸念も深まる。行方を評価する市場からは矛盾するふたつのシグナルが発せられる。そのナゾを探ると、サウジが直面する課題が見えてくる。

第1のシグナルは株価だ。株価指数は2016年の底から5割上昇し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]