/

この記事は会員限定です

オープン&クローズ戦略を考える(6) 間接ネットワーク効果を重視

立本博文 筑波大学教授

[有料会員限定]

オープン戦略として採用するオープン標準とは標準規格だけではなく、参照設計(半導体メーカーが提供する半導体利用製品の設計図)の共有、特許の無償利用、オープンソースソフトウエア開発なども含まれます。つまり、業界で広く技術情報を共有するものはすべてオープン標準の一種と考えられます。オープン標準を戦略的に利用する目的は2つあります。

第1の目的は、オープン領域への参入促進です。オープン標準を形成すると、参...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン