/

豊胸うたうサプリ根拠なし 消費者庁が措置命令

消費者庁は30日、豊胸効果をうたうサプリメントに合理的な根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認表示)に当たるとして、販売する食品通販会社GLORIA(東京)に再発防止を求める措置命令を出した。

対象商品は「pinky plus」(1袋30個入り)。2016年9月から17年9月にかけて、自社ホームページで「2大豊胸成分を1粒にギュ~っと濃縮!」などと表示し、通常価格6800円(税別)で販売した。

会社側は豊胸効果の根拠として研究論文などを消費者庁に提出。同庁が検証した結果、表示内容を裏付ける効果はないと判断した。GLORIAは今年2月から、このサプリメントの新規販売はしていないという。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン