2018年12月12日(水)

任天堂スイッチ、ソフト不足の懸念
年2000台販売へ 外部巻き込めるか

2018/7/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が発売2年目を迎えた。爆発的な人気で世界で品切れが続いた「スイッチ旋風」は一段落し、2018年度は2000万台の販売を目指す。ただ、目標達成には「ソフトが足りないのでは」との懸念がくすぶる。1年目の勢いを持続できるか。

「18年4~6月期のゲーム機の販売台数は17年4~6月と比較すると、多少見劣りするかもしれない」。君島達己前社長は6月末、株主総会で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報