2019年1月19日(土)

高校野球

投手が熱中症で救急搬送 高校野球西東京大会

2018/7/30 20:25
保存
共有
印刷
その他

第100回全国高校野球選手権大会の西東京大会の本部は30日、同日に神宮球場で行われた日大三―日大鶴ケ丘の決勝戦後に、日大鶴ケ丘の勝又温史投手が体調不良を訴えて救急搬送されたと発表した。同校の責任教師によると、東京都内の病院で脱水症状を伴う熱中症と診断され、点滴による加療で回復に向かっているという。

先発登板した勝又投手は、サヨナラ本塁打を浴びた九回途中まで154球を投じた。(共同)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度頂点に立った輝かしい歴史を誇り、現在は休部中のPL学園高(大阪)野球部OB会総会が12日に大阪市内で開かれ、プロ野球巨人で活躍した桑田真澄氏(50)の会長就任が …続き (12日 20:19)

 来夏に兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される第101回全国高校野球選手権大会で、日本高野連が休養日を現行の1日から2日に増やすことを検討していることが26日、分かった。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「 …続き (26日 11:58)

 新潟県高野連が来年の春季新潟大会で投手の球数制限を導入することが22日、分かった。故障予防や選手の出場機会増などが目的で、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できない。各都道府県高野連 …続き (22日 19:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]