高校野球

投手が熱中症で救急搬送 高校野球西東京大会

2018/7/30 20:25
保存
共有
印刷
その他

第100回全国高校野球選手権大会の西東京大会の本部は30日、同日に神宮球場で行われた日大三―日大鶴ケ丘の決勝戦後に、日大鶴ケ丘の勝又温史投手が体調不良を訴えて救急搬送されたと発表した。同校の責任教師によると、東京都内の病院で脱水症状を伴う熱中症と診断され、点滴による加療で回復に向かっているという。

先発登板した勝又投手は、サヨナラ本塁打を浴びた九回途中まで154球を投じた。(共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 高校野球の甲子園大会で春夏1度ずつ優勝の実績がある早稲田実業高(東京)は14日、複数の硬式野球部員に問題行動があったため、秋季東京大会の出場を辞退すると発表した。問題行動の詳細については明らかにして …続き (14日 10:18)

 韓国・釜山郊外の機張で8日まで開催された野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)に出場した高校日本代表が10日、成田空港に帰国した。当初予定していた9日は台風15号の影響で航空便が欠航とな …続き (10日 19:54)

米国を破り優勝し喜ぶ台湾ナイン=韓国・機張(共同)

 【釜山=共同】12の国・地域で争う野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)最終日は8日、韓国・釜山郊外の機張で行われ、決勝は台湾が5連覇を狙った米国を2―1で破り、5大会ぶり3度目の優勝を …続き (8日 22:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]