/

この記事は会員限定です

「副業認めず」なお85% 働き方改革は定着

九州・沖縄100社に聞く(下)

[有料会員限定]

日本経済新聞社が九州・沖縄の主要企業110社から回答を得たアンケート調査で、8割近くの企業が働き方改革に取り組んでいることが分かった。労働時間の短縮などが必要であるのに加えて、育児や介護など社員個人の生活事情に応じた勤務を実現する施策に力を入れる。副業については8割を超える企業が「認めない」とし、慎重さが目立った。

「働き方改革を実施したか」を聞いたところ、「既に実施した」が48.2%、「計画・検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン