2019年9月23日(月)

文科省職員を懲戒免職 出向先で770万円横領

2018/7/30 18:49
保存
共有
印刷
その他

文部科学省は30日、京都教育大(京都市)に出向中、保護者らでつくる教育後援会の会費約770万円を横領していたとして、同省の40代の課長補佐級職員を同日付で懲戒免職処分とした。同大によると、職員は全額を返済しており、後援会側は告訴しない方針。

文科省によると、職員は2015年4月から今年3月末まで出向し、学生の課外活動などを支援する教育後援会会費の管理を委託されていた。15年10月ごろから複数回にわたって口座から会費を無断で引き出し、飲食や衣服の購入などに使ったという。

同省に戻った後も通帳やキャッシュカードを返さず、大学側が口座の引き出し記録を調べて横領が発覚。職員は「周囲に迷惑を掛け申し訳ない」と話しているという。

文科省は個人が特定される可能性があるとして、職員の氏名や役職などを公表していない。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。