2018年9月22日(土)

「安倍3選」後の選択 19年同日選か五輪花道か
編集委員 清水真人

憲法改正
自民党総裁選
政治アカデメイア
コラム(経済・政治)
政治
(1/3ページ)
2018/7/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 9月の自民党総裁選は、首相の安倍晋三の3選が有力となった。それは長期安定政権の「終わりの始まり」かもしれない。総裁任期は党則で3期9年まで。その先はない、と見切られた瞬間からレームダック(死に体)化が進行するからだ。安倍が憲法改正を捨てず、求心力を保つには2019年の衆参同日選挙も選択肢だ。政権維持へ守りに入れば、20年の東京五輪を安倍の「花道」とする形で21年総裁選の前倒し論も出てきかねない。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報