2018年12月13日(木)

全国の道路を3Dデータ化 国交省、自動運転技術に役立て

2018/7/30 18:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省は全国の道路で3次元(3D)データを収集する。道路の幅や交差点の形、標識の高さなどを立体的に把握できるようにし、自動運転の技術開発に役立てる。政府が目標とする「2020年の高度自動運転の実現」を後押しする。

レーザースキャナーやカメラを搭載した車両を各地の道路で走らせ、3Dデータを集める。8月に関東地方整備局の管轄地から始め、全国に8つある整備局と北海道開発局に広げる。

政府は20年に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報