2019年3月22日(金)

佐賀銀頭取「全て受ける方向」 ふくおかFG・十八銀からの借り換え

2018/7/30 16:26 (2018/7/30 19:35更新)
保存
共有
印刷
その他

経営統合を目指すふくおかフィナンシャルグループ(FG)と十八銀行が取引先の借り換えを支援していることを巡り、佐賀銀行の坂井秀明頭取は30日の定例記者会見で「今のところ、お断りする先はないだろう」と述べ、引き受けを打診された案件の全てを受ける考えを示した。総額や総件数は「言えない」と明らかにしなかった。

定例記者会見で質問に答える佐賀銀行の坂井秀明頭取(30日、佐賀銀行本店で)

坂井頭取は「まだ審査といえるほどの情報をいただいたわけではなく、直接(取引先と)会うのはこれからだが、佐賀銀行と取引したいという話が来ているのだから有り難いこと」と引き受けに前向きな姿勢を示した。また、経営統合後の長崎県内の競争環境を懸念する公正取引委員会から、ヒアリングを受けたことも明らかにした。

ふくおかFGと十八銀の取引先の借り換え支援を巡っては、西日本フィナンシャルホールディングス(FH)の谷川浩道社長が両社から200億円前後の引き受けを打診されたことなどを明らかにしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報