2018年9月19日(水)

NTTドコモ、配車アプリのジャパンタクシーに出資

ネット・IT
IoT
モバイル・5G
自動運転
2018/7/30 16:20
保存
共有
印刷
その他

 NTTドコモは30日、配車アプリ「全国タクシー」を運営する日本交通グループ系のジャパンタクシー(東京・千代田)に出資すると正式発表した。ソフトバンクグループも中国・滴滴出行と合弁会社を作り、タクシー会社向けの配車サービスを展開する予定。通信事業者を巻き込んだタクシー配車サービスの陣取り合戦が加速している。

 ジャパンタクシーの第三者割当増資をドコモが引き受けた。出資総額は22億5000万円で、出資比率は5%程度になるとみられる。

 ジャパンタクシーの全国タクシーは、ダウンロード数が500万を超える日本最大の配車アプリ。日本交通のほか、東京無線協同組合(東京・新宿)も全国タクシーに対応し、同アプリから呼び出せる総車両数は全国で6万台規模となっている。

 ドコモとジャパンタクシーは、ドコモが持つ人工知能(AI)を活用した乗車の需要予測技術とジャパンタクシーの持つ配車システムを組み合わせた新たな配車サービスを開発する。さらにドコモが展開するスマートフォンを用いた決済手段を、全国タクシー対応の車両内で利用できるようにしていく。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報