/

この記事は会員限定です

未更新ソフトが標的に ハッカー攻撃で個人情報流出

[有料会員限定]

コンピューターウイルス対策などを施さずに放置された古いソフトウエアが、サイバー攻撃の対象となったり、第三者のサイトを攻撃するための踏み台になったりしている。対策自体は収益に直結しないことなどから後回しにしている企業は全国で数千社に上るとされる。費用負担が軽いクラウド型のセキュリティーサービスも出始めているものの、対応には温度差がある。

2017年3月、チケット予約、ぴあの社内は凍り付いた。バスケットボ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン