2019年5月21日(火)
スポーツ > ニュース > 記事

スポーツニュース

統括責任者に野村萬斎氏 東京五輪・パラ開閉会式の演出

2018/7/30 15:45
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式で、演出の総合統括責任者に狂言師の野村萬斎さん(52)が就任することが30日、福島県で開催中の大会組織委員会理事会で決まった。開会式で「和」を世界に発信する狙いがある。

【関連記事】
野村萬斎さん「シンプルかつ和の精神で」 五輪へ抱負

五輪開幕まで2年弱。大会の競技日程やチケット価格帯が決定し、9月にはボランティアの募集が開始するなど、運営面の準備が本格化する。

野村さんは古典芸と現代演劇を融合させた演出に取り組むほか、俳優としても活躍し、「日本の伝統から現代に至るまでの幅広い見識」(組織委幹部)が評価された。野村さんは「才能を結集させ、機知に富んだ式典にするため尽力していく」とコメントを発表した。

五輪は「ALWAYS 三丁目の夕日」などの作品で知られる映画監督の山崎貴さん(54)、パラリンピックはサントリー「BOSS」のCMを手掛けたクリエーティブディレクターの佐々木宏さん(63)が統括する。

3人を補佐する総合チームには、音楽家の椎名林檎さん(39)やアニメ映画「君の名は。」を手掛けた映画プロデューサーの川村元気さん(39)ら5人が入る。

8人は組織委が2017年12月に設置した式典コンセプトの検討メンバー。組織委は外部から総合監督を招くことも検討したが、8人の検討内容を高く評価し、横滑りする形で演出を担うことになった。

演出は1人の総監督を置かず、チーム制で検討する。式典では「復興」や「共生」「未来」などのメッセージが盛り込まれる予定。

開会式は五輪のメインイベントの一つで世界中の視聴者も多く、聖火の点火がクライマックスとなる。点火までのストーリーや、映像、音響、衣装など検討事項は多岐にわたる。各分野に精通したスタッフを集め、最終的には数百人規模の体制となる見通し。

【関連記事】
「チーム萬斎」始動 2020年へ、復興・共生掲げ

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 平昌冬季五輪のカーリング男子日本代表でスキップを務めた両角友佑(34)が2022年北京五輪へ向けた新チームを立ち上げることが20日、関係者の話で分かった。長野県軽井沢町を拠点に、平昌代表で弟の両角公 …続き (20日 23:29)

 J1浦和―湘南(17日)で湘南の明らかなゴールが得点と認められない誤審が起きた問題で、日本サッカー協会は20日、東京都内で臨時の審判委員会を開き、J1で8月からペナルティーエリア内の反則やゴール判定 …続き (20日 20:57)

6月1日に開業する「宇津木スタジアム」(群馬県高崎市)

 群馬県高崎市は6月1日、ソフトボール専用球場を開業する。愛称「宇津木スタジアム」は一般からの公募で選んだ。近隣には第2球場が2019年度中に完成する見通しで、第3、第4の球場も整備する予定だ。ソフト …続き (20日 20:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]