2019年9月17日(火)

公的年金、AIで投資判断 バブル探知などに活用

2018/7/30 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、人工知能(AI)を年金運用に取り入れる。運用を委託する信託銀行などの取引データをAIが解析し、特定の金融資産にマネーが集中するバブルを察知できるようにする。約160兆円と世界最大級の公的年金を運用しており、潜在的な投資リスクを軽減するためにAIを活用する。

今夏にもGPIF内で専門チームを立ち上げ、民間の研究機関など外部と共同研究を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。