/

ソフトバンクとヤフー、スマホ決済を18年秋に開始

日経クロステック

ソフトバンクとヤフーの合弁会社のPayPay(ぺイペイ)は2018年7月27日、バーコードやQRコードを使ってスマートフォン(スマホ)で決済できるサービスの提供を同年秋に始めると発表した。サービス名は社名と同じ「PayPay」。Yahoo! JAPAN IDと連携させて、Yahoo!のアプリからPayPayの機能を利用できるようにする。

クレジットカードと電子マネーから支払い方法を選択でき、加盟店がレジで提示したQRコードを利用者がスマホのアプリで読み取る方式である「ユーザー読み取り方式」と、利用者がスマホのアプリに提示したバーコードやQRコードをレジでスキャンする方式である「店舗読み取り方式」の2つを用意する。ユーザー読み取り方式は加盟店が負担する決済手数料を開始から3年間は無料とする。

PayPayは18年6月にソフトバンクとヤフーが合弁で設立した。新サービスの開発にあたり、ソフトバンクグループがサウジアラビアの政府系ファンドなどと組んで設立した10兆円規模の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)の出資先であるインドの電子決済サービス事業者「Paytm」と連携する。PaytmのバーコードやQRコードを使った電子決済関連技術を新サービスに応用する。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 田中陽菜)

[日経 xTECH 2018年7月27日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン