2019年6月25日(火)

多摩のビル火災、アマゾンのデータセンターか

2018/7/30 12:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

東京都多摩市で発生したビル火災の建築現場は、米アマゾン・ウェブ・サービスのクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」向けのデータセンターである可能性が高いことが、日経コンピュータの取材で2018年7月27日に分かった。複数の業界関係者が明かした。

煙が上がる建設中の建物(26日午後2時57分、東京都多摩市)=共同

煙が上がる建設中の建物(26日午後2時57分、東京都多摩市)=共同

火災は7月26日午後1時45分ごろ、東京都多摩市唐木田1のビル建設現場で発生した。建設中の建物はオフィスビルの「多摩テクノロジービルディング(仮称)」。延べ床面積は1万7666.89平方メートルとされる。三井不動産が100%出資する南多摩特定目的会社から安藤ハザマが工事を請け負い、18年10月に工期終了の予定で建築が進んでいた。三井不動産の資料によると、用途は「事務センター」である。

三井不動産は日経コンピュータの取材に「入居する顧客は守秘義務のため明かせない」(広報)と回答。用途については「事務センターと呼んでおり、顧客が入るオフィス部分も一部あるが、実質的にはデータセンターとしての用途だ」(同)とした。

アマゾン・ウェブ・サービスは11年に日本国内初のデータセンターとして東京リージョンを開設し、18年2月には大阪ローカルリージョンを設けた。事実関係についてアマゾン ウェブ サービス ジャパンに問い合わせたが、7月27日午後9時30分の時点で連絡がつかなかった。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 染原睦美、山端宏実、玄忠雄)

[日経 xTECH 2018年7月27日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報