/

東京の夜空、一日遅れの大輪 隅田川花火大会

(更新)

東京の夏の風物詩、隅田川花火大会が29日、台東区と墨田区にまたがる会場で開かれた。台風12号の影響で21年ぶりに1日順延されての実施。東京スカイツリーや隅田川の近くに集まった87万4千人の見物客は夜空を彩る色とりどりの大輪の花に見入った。

夏の夜空を彩る隅田川の花火大会(29日、東京都台東区)
隅田川の夜空に咲く大輪の花火(29日午後、東京都台東区)

今年は例年通りの約2万発を用意。午後7時ごろに1発目が打ち上げられると、見物客はスマートフォンで撮影したり、歓声を上げたりして花火を楽しんだ。

友人らと訪れた千葉県市川市の高校2年、大平彩貴さん(17)は「天気が心配だったが無事に晴れて良かった」と笑顔。妻(51)と一緒に鑑賞した墨田区の男性会社員(51)は赤、青などの閃光(せんこう)が広がる様子を見つめながら「サッカーのワールドカップで優勝したフランス国旗を意識した作品だろうか。花火職人のこだわりを想像するのが楽しい」と話した。

警視庁は今回、警察車両の上のカメラから群衆を撮影し、不審者や置き去りにされた荷物を検出するシステムの導入に向けた実証実験を実施。2020年東京五輪・パラリンピックを念頭に不特定の人が多数集まる「ソフトターゲット」を狙ったテロ対策につなげる。

夏の夜空を彩る隅田川の花火(29日午後、東京都台東区)
夜空を彩る隅田川の花火大会。左はライトアップした東京スカイツリー(29日午後、東京都台東区)
隅田川の夜空に咲く大輪の花火(29日午後、東京都台東区)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン