カンボジア総選挙、「野党不在」で緊張感なき投票所
野党支持者は無効票の投票も

2018/7/29 18:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【プノンペン=新田裕一】プノンペン近郊のカンダル州タクマウで教育施設の講堂に設けられた投票所。フン・セン首相は、投票開始直後の29日午前7時(日本時間同9時)すぎに姿をみせ、一票を投じた。報道陣に投票済みを示すインクのついた人さし指を見せ、笑顔は自信に満ちていた。

事実上、対抗馬が不在の選挙。投票所前で順番を待つ有権者の列はできていたが、「政権を選ぶ」というような緊張感はなかった。農業を営む男性…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]