2019年8月23日(金)

米ツアー ズームアップ

フォローする

悩ましいウッズ復調の判断 気掛かりな「変化」
ゴルフジャーナリスト ジム・マッケイブ

(1/2ページ)
2018/8/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

英カーヌスティ・ゴルフリンクス(7402ヤード、パー71)で行われたゴルフの全英オープン選手権(7月19~22日)の最終日。一時、前半で2つスコアを伸ばしたタイガー・ウッズ(米国)が単独首位に立つと、観客が沸いた。日本でも多くの人がテレビの前にくぎ付けになったのではないか。ジョーダン・スピース(米国)ら上位勢が苦しむ中、スルスルっと抜け出した。

ところが、11番でショットが乱れてダブルボギーをたたき、12番でもスコアを落として失速。その後はもう流れをつかむことはできず、ウッズは2008年の全米オープン選手権以来のメジャー制覇を逃した。

最終日も多くの観客がウッズのプレーを見守った=ロイター

最終日も多くの観客がウッズのプレーを見守った=ロイター

「惜しかった」「まだまだ戦えることを証明した」

大会後、そんな好意的な反応が多かったが、実際のところ、捉え方が難しい。

6位タイは14年以降の四大大会でベスト。その14年以降、ウッズはメジャー大会に9試合に出場したが、予選落ちが5回。過去2年は故障で出場すらできず、今季も出場できるかどうか疑われたなかで優勝争い。そういう背景も考えれば、今後への期待も膨らむ。

楽しかった? よかった?

だが、圧倒的な強さを誇った00年代のウッズとは、いろんな面で違いを感じた。

試合後――。一昔前のウッズなら、一度は手にしかけた優勝を逃したことで、不機嫌そうにメディアに対応したはずである。2位に入っても、「くそったれ!」と悔しさをあらわにしたことがある。ところが今回、ホールアウト直後のインタビューでは「楽しかった」と話し、こう続けたのである。

「優勝争いができたことはよかった」

楽しかった? よかった?

かつて優勝を逃した彼が、そうした言葉を口にすることはなかった。負けてなお満足げなウッズの表情には、首をかしげた人も多かったはずである。

そもそも今回、リードした時点で逃げ切れなかったことがウッズらしさを欠いた。その一点だけを考えても、彼が「くそったれ!」とコメントしてもおかしくなかったが、そうした感情をあらわにすることもなかった。大人になったのか、優勝から遠ざかり自信を喪失したことで、優勝争いができたことだけでも十分だったのか。

何より変化は、選手らが気づいていた。

「昔のウッズではない」と口にしたのは、2位タイに入ったロリー・マキロイ(英国)だ。

「彼の体調は問題なさそうだ。彼のことは気にならないというわけじゃないけれども、かつてタイガー、フィル(・ミケルソン=米国)、アーニー(・エルス=南アフリカ)といえば、大きな壁だった。だが、そこまでの脅威は感じなかった」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
8月のプレーオフ3試合はウッズにとって相性のいいコースばかりが舞台となる=APAP

 インパクトが大きすぎた。ゆえにタイガーマニアは、まひしたのかもしれない。
 それも仕方がない。今年のマスターズ・トーナメントで優勝したタイガー・ウッズ(米国)が、男子ゴルフの四大大会を制したのは200 …続き (8/7)

全英オープンで3勝のウッズ。英国のファンも英雄の復活を待ち望む=APAP

 7月14日から北アイルランドのロイヤルポートラッシュGCで第148回全英オープンが行われる。ロイヤルポートラッシュでの開催は1951年以来、68年ぶり。
 注目はやはり、ポートラッシュで育ったロリー・ …続き (7/10)

今年の全米オープンゴルフはウッズが19年前に圧勝したペブルビーチ・ゴルフリンクスを舞台に行われる=共同共同

 6月13日から、米カリフォルニア州のペブルビーチ・ゴルフリンクスで男子ゴルフの第119回全米オープンが開催される。
 米国において、もっとも全英オープンに近い雰囲気を感じられるとしたら、このペブルビー …続き (6/5)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。