/

悩ましいウッズ復調の判断 気掛かりな「変化」

ゴルフジャーナリスト ジム・マッケイブ

英カーヌスティ・ゴルフリンクス(7402ヤード、パー71)で行われたゴルフの全英オープン選手権(7月19~22日)の最終日。一時、前半で2つスコアを伸ばしたタイガー・ウッズ(米国)が単独首位に立つと、観客が沸いた。日本でも多くの人がテレビの前にくぎ付けになったのではないか。ジョーダン・スピース(米国)ら上位勢が苦しむ中、スルスルっと抜け出した。

ところが、11番でショットが乱れてダブルボギーをたたき、12番でもスコアを落として失速。その後はもう流れをつかむことはできず、ウッズは2008年の全米オープン選手権以来のメジャー制覇を逃した。

最終日も多くの観客がウッズのプレーを見守った=ロイター

「惜しかった」「まだまだ戦えることを証明した」

大会後、そんな好意的な反応が多かったが、実際のところ、捉え方が難しい。

6位タイは14年以降の四大大会でベスト。その14年以降、ウッズはメジャー大会に9試合に出場したが、予選落ちが5回。過去2年は故障で出場すらできず、今季も出場できるかどうか疑われたなかで優勝争い。そういう背景も考えれば、今後への期待も膨らむ。

楽しかった? よかった?

だが、圧倒的な強さを誇った00年代のウッズとは、いろんな面で違いを感じた。

試合後――。一昔前のウッズなら、一度は手にしかけた優勝を逃したことで、不機嫌そうにメディアに対応したはずである。2位に入っても、「くそったれ!」と悔しさをあらわにしたことがある。ところが今回、ホールアウト直後のインタビューでは「楽しかった」と話し、こう続けたのである。

「優勝争いができたことはよかった」

楽しかった? よかった?

かつて優勝を逃した彼が、そうした言葉を口にすることはなかった。負けてなお満足げなウッズの表情には、首をかしげた人も多かったはずである。

そもそも今回、リードした時点で逃げ切れなかったことがウッズらしさを欠いた。その一点だけを考えても、彼が「くそったれ!」とコメントしてもおかしくなかったが、そうした感情をあらわにすることもなかった。大人になったのか、優勝から遠ざかり自信を喪失したことで、優勝争いができたことだけでも十分だったのか。

何より変化は、選手らが気づいていた。

「昔のウッズではない」と口にしたのは、2位タイに入ったロリー・マキロイ(英国)だ。

「彼の体調は問題なさそうだ。彼のことは気にならないというわけじゃないけれども、かつてタイガー、フィル(・ミケルソン=米国)、アーニー(・エルス=南アフリカ)といえば、大きな壁だった。だが、そこまでの脅威は感じなかった」

正直なマキロイらしいコメントである。よって信用もできる。一時、ウッズを追う展開になったが、恐るるに足りず――。それは実力の話だけではない。もはや彼らはウッズを前に萎縮することもない。

かつて、最終日折り返しでウッズがトップに立てば、「もう終わりだ」という雰囲気が選手の間にも漂い、その気持ちがミスを誘った。ただ、ウッズに以前ほどの力もオーラもないことをマキロイは敏感に察していた。

おそらくウッズなら、そう見られていることにも気づいている。かといってそれが間違いであることを証明するすべもない。いや、全英オープンは唯一、「そのチャンスがあった」とウッズ。「マスターズは距離が長すぎるから」

全英オープンが行われるリンクスはボールが転がる。ならば距離が出なくても、対等に戦える。一方でマスターズなどはもう、若い選手に飛距離でかなわない。デビュー当時、その飛距離がマスターズを主催するオーガスタ・ナショナルGCを慌てさせ、コースが長くなるきっかけをつくった本人であるというのに、すっかり弱気である。

時計を巻き戻すことはできぬ

今回、はたから見れば、まだメジャーで勝てるということを示した。

一方でウッズは時計を巻き戻すことはできない、ということを肌で知ってしまったかもしれない。

なお、カーヌスティといえば、これまでたびたび悲劇の舞台となった。

有名なのが1999年の全英オープン。このときはジャン・バンデベルデ(フランス)が最終日の18番を3打リードして迎えながら、トリプルボギーをたたいて追いつかれると、プレーオフで敗れた。8年後の全英オープンでは、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)が最終日18番でダブルボギーをたたき、リードをフイにした。このときはプレーオフでセルヒオ・ガルシア(スペイン)を下したが、何かと波乱が起こる。

そして、今回も……。日本の松山英樹は2日目、通算1オーバーで18番を迎えていた。その時点での予選カットラインは2オーバー。パーなら予選通過である。ところが、ティーショットをラフに入れ、2打目がOB。トリプルボギーをたたいて、結果的には予選カットラインに1打及ばなかった。

やはり、カーヌスティは油断ならない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン