/

この記事は会員限定です

カンボジア選挙ルポ 解散野党の支持、今もなお

"無言"の抵抗拡大か フン・セン氏故郷を歩く

[有料会員限定]

【カンポンチャム州=新田裕一、富山篤】カンボジア国民議会(下院)総選挙の投票日を翌日に控えた28日、多くの人がバスやトラックで首都プノンペンを離れ、有権者登録した実家に戻った。与党カンボジア人民党(CPP)の圧勝は確実視されるが、2017年11月に解散させられた最大野党カンボジア救国党(CNRP)を支持する人は今なお多い。とりわけ昨年の地方選挙でCNRPが躍進したフン・セン氏の故郷カンポンチャム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り921文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません