2018年11月21日(水)

メキシコ次期政権、原油増産などに1兆8千億円投資へ

2018/7/28 7:48
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ次期大統領に就任予定のロペスオブラドール氏は27日、12月に発足する新政権で原油の増産投資などエネルギー分野に総額3040億ペソ(約1兆8千億円)を投じる計画を表明した。石油増産は優先順位の高い公約の一つだが、資金の捻出方法や費用対効果などは明らかにしていない。

エネルギー分野への投資を発表するロペスオブラドール氏(27日、メキシコシティ)=ロイター

計画では750億ペソを投じて新たな油田の採掘などを実施し、原油生産量を約3割増やす。2090億ペソで石油精製施設を改修・新設し、ガソリンの輸入をやめ全量を自給できるようにする。さらに200億ペソを投じて水力発電施設の強化などで発電能力を拡充する。

ただ巨額の投資資金の調達方法は不明だ。国営石油会社ペメックスが社債を発行するのか、政府の予算でまかなうのかなどの詳細は発表されていない。精製施設への巨額投資についても、ガソリン輸入より低コストになるかどうかは不透明で、国民の負担が増す恐れもある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報