2019年3月21日(木)

ツイッター、月間利用者100万人減 不正削除で

2018/7/28 0:06
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】米ツイッターが27日発表した2018年4~6月期決算は、最終損益が1億ドル(約110億円)の黒字(前年同期は1億1600万ドルの赤字)だった。売上高も前年同期比24%増の7億1100万ドルとなり市場予想を上回った。ただ、不正なアカウントを削除する取り組みに伴って月間利用者数が減少したことから、27日の米株式市場で同社株は一時19%超下落した。

27日の米株式市場でツイッター株は急落した=AP

利用者データの不正流用が発覚したフェイスブックと同様に、ツイッターも16年の米大統領選での偽ニュース対策などが不十分だったと批判を浴びている。利用規約に違反してテロを称賛したアカウントを閉鎖するなどの取り組みを強化しており、ツイッターの18年4~6月期の月間利用者数は3億3500万人と18年1~3月期に比べ約100万人減少した。

フェイスブックが25日に発表した18年4~6月期決算でも個人情報を巡る規制を強化する「一般データ保護規則(GDPR)」が施行した欧州で1日あたり利用者が減少し、翌日の取引でフェイスブック株は急落した。プライバシー保護や偽ニュース対策がソーシャル・ネットワーキング・サービスの成長力に影を落とし始めたことに投資家らは警戒感を強めている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報