/

この記事は会員限定です

義肢装具で患者支える 中村ブレイスの中村宣郎社長

島根発「風は西から」

[有料会員限定]

世界文化遺産、石見銀山遺跡がある島根県大田市の大森地区。ここに本社を置く義肢・装具メーカー、中村ブレイスの社長に今年2月、中村宣郎が就任した。地元の産業・観光振興に尽くした父・俊郎(現会長)を継ぎ、「患者に喜ばれる製品を作り続けていきたい」と意気込んでいる。

大田市に生まれ、東京の大学に進学した。当時父から「会社を継いでほしい」とは言われておらず、「家業とは違う道も考えてみたい」と経済学部を選んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1055文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン