/

この記事は会員限定です

地鶏「土佐ジロー」地域元気に はたやま夢楽が加工施設新設

[有料会員限定]

高知県安芸市で同県特産の地鶏、土佐ジローの飼育・加工販売を手掛ける「はたやま夢楽(むら)」は新たな食鳥加工処理施設を建設する。現加工場は契約により2019年3月末で使用できなくなる。新施設では衛生管理を向上させる。建設では融資のほか一般からの支援も受ける。畑山地区は限界集落で西日本豪雨で孤立した。地域の産業と暮らしを守るという。

同社は現在、1990年に県の集落基盤整備事業で建設された市が所有する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン