観光地、客足の回復探る 豪雨 自粛ムードが痛手 情報発信強化

2018/7/27 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国5県の主要観光地は西日本豪雨による交通網の寸断や自粛ムードの広がりで夏休みが始まり1週間がたっても閑散としている。大きな被災はまぬがれ、断水もおおむね解消、交通網も復旧も進んできた。過度な自粛は経済停滞の引き金になりかねないが、週末の台風12号が再び被害をもたらすおそれもあり、後戻りしかねない状況に関係者は気をもんでいる。

「めちゃめちゃ暇。『尾道は日常に戻ってるよ』と強く発信したい」。観光…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]