「再発防止を徹底」 安藤ハザマ社長が謝罪

2018/7/27 19:28
保存
共有
印刷
その他

東京都多摩市で5人が死亡したビル建設現場火災で、施工を請け負っていた安藤ハザマが27日夕、都内の本社で記者会見を開き、福富正人社長が「亡くなられた方々への冥福をお祈りし、ご遺族の皆様に心よりお悔やみ申し上げます」と頭を下げた。その上で「原因を調査し、再発防止を徹底する」とした。

建設中のビル火災について記者会見する福富正人社長(27日午後、東京都港区)

同社が請け負う工事現場では2017年6月にも約5千平方メートルを焼く火災が起きている。同社はその後、火気のある作業時には可燃物を遠ざけるなど、社内ルールを徹底して再発防止をしてきたというが「何かが足りなかったのかもしれない」(飯村俊章・常務執行役員)とした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]