2018年10月19日(金)

ファミマ、富山・南砺に書店一体型店舗 北陸初

小売り・外食
北陸
2018/7/27 20:02
保存
共有
印刷
その他

ファミリーマートは富山県南砺市で28日、北陸初の書店一体型のコンビニエンスストアを開業する。書籍コーナーには新刊やベストセラーを中心に約7万冊をそろえる。書店とコンビニのレジを一体化することで、書籍コーナーとコンビニの売り場間の往き来をしやすくする工夫も施した。

新店舗のイメージ

既存の地元書店を改装して「ファミリーマート+ファミリーブックス福光店」として開設する。24時間営業で、売り場面積は約570平方メートル。9席からなるイートインスペースに加え、買った本をその場で読めるBOOK&CAFEイートインスペースを20席弱用意した。

コンビニ自体も地元北陸を意識した商品構成とし、「富山県産と福井県産の地酒を多くそろえた」(同社)。今後もドラッグストアやスーパーマーケットといった他業態とコンビニの一体型店舗を展開していきたいという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報