/

この記事は会員限定です

慶大発ハートシード、iPS心筋の治験 21年にも

[有料会員限定]

慶応義塾大学発の心筋再生医療スタートアップのハートシード(東京・港)は、2021年にも国内でiPS細胞を使った心臓の再生医療治療法の臨床試験(治験)を始める。このほどアステラス製薬など3社から合計8億円を調達。株主の協力を得て治療法の実用化やiPS心筋の量産体制に向けた体制を整える。

ハートシードが実施した第三者割当増資を、アステラスと独立系ベンチャーキャピタルのエンジェルブリッジ(東京・千代田)、渋谷工業の3社が引き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン