/

この記事は会員限定です

REIT、日銀会合が左右 波乱警戒で住宅型へ資金

[有料会員限定]

今週のマーケットを騒がせた日銀緩和の修正観測が、不動産投資信託(REIT)市場にも影響を与えている。資金が向かうのが賃貸マンションに投資する住宅REITだ。日銀が政策を修正して相場全体が下振れしても、収益が安定している住宅REITは値持ちが良いとの期待がある。さらに賃料上昇による成長期待も加わる住宅REITは日銀の動静にかかわらず「勝ち組」になるとの見方が出ている。

日銀の緩和策の修正観測が浮上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン