日本なお企業主導 高収益、家計への波及弱く
世界景気 持続成長を問う(4)

2018/7/28 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「年10%以上伸びる市場の成長についていけない」。電子部品の太陽誘電の登坂正一社長は増産の体制整備を急ぐ。2019年3月期の設備投資額は前期比8割増の430億円に積み増す。「2~3年で自動車向けの売上高を2倍に増やす」

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や電気自動車の普及など世界的な需要の広がりが業績を押し上げる。日本経済新聞社の調べでは、上場企業の19年3月期決算の純利益は原材料高などで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]