2018年11月18日(日)

BRICS、27日の拡大会議にトルコ、アルゼンチンなどの首脳を招待
協力メンバー増やし、先進国陣営への影響力回復目指す

2018/7/27 17:48
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=飛田雅則】ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)は27日、ヨハネスブルクで首脳級の拡大会議を開いた。経済協力などについて、まずエチオピアやルワンダなどアフリカの9カ国と協議。その後、トルコのエルドアン大統領、アルゼンチンのマクリ大統領、ジャマイカのホルネス首相とも会談した。資源ブームが終わり、景気はBRICSのなかで国ごとにばらつきが出てきた。協力メンバーを増やし、米国など先進国陣営に対する影響力の回復を目指す構えだ。

会議に参加したマクリ氏は「BRICSなどと対話を深めることができて喜ばしい」と語った。

BRICSの5カ国首脳は26日の会議で、世界貿易機関(WTO)規則に基づく開放的で包括的な多国間貿易体制を支持する宣言に署名した。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は「保護主義と一国主義が台頭している」と警戒感を示したという。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報