2018年9月21日(金)

究極の商用車 物流の悲鳴、「つながる」技術で解決
商用車クライシス(3)

ネット・IT
自動車・機械
コラム(テクノロジー)
自動運転
2018/8/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 運転者不足や荷物量の急増といった輸送業界の「悲鳴」を技術で解決する。商用車で必須になるのが、コネクテッド(つながる)機能だ。クラウドや他の車両などとつながることで、3つの価値が生まれる。「故障予知」と「ダイナミックなルート探索」、「自動運転(隊列走行)」だ。

■乗用車より先行

 より少ない運転者でより多くの荷物を運ぶ──。一見すると矛盾した取り組みが進んでいる。運転者不足や荷物量の急増といった輸送業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

シリーズ「商用車クライシス」

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報